助産師転職エージェントランキング

今の職場に不満のある助産師の方は転職エージェントを利用しよう

「助産師転職エージェントランキング」へお越し頂きありがとうございます。 当サイトでは、転職を検討中の助産師の方に求人募集情報を公開している人気サイトをランキング形式で掲載中です! 全て無料ですのでお気軽にご利用下さい。

当サイトでは転職大手リクルートドクターズキャリアが運営するナースフル(旧:リクルートナースバンク)が1位を獲得中です。医療業界転職サービス大手のネットワークを活かして、旬の情報を随時提供していて信頼度・安心感共に抜群です。まずは1分で登録できます!

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナースフルは、転職業界の最大手リクルートが助産師転職をサポートするサイトで1位獲得!
■大手なので取扱い求人数もトップクラスを誇り、これまで培ってきたネットワークとノウハウが
 満載のサポート体制になります。専任のコンサルタントが今の悩みをヒアリングしアドバイス
■リクルートグループの業界大手の企業のため、助産師転職市場の動向が反映されており、
 助産師の仕事を探そうという方は、まずは一度は利用してみる価値のあるサイトです!
■紹介する求人はなるだけ好条件・高収入で離職率の低い求人にこだわり取り揃えています。
■具体的な診療科目にも大手のネットワークを駆使し、最新の診療科目の求人をいち早く紹介。
■独自の非公開求人も豊富ですし、特にバイトではなく正職員の求人に定評のある転職エージェント。


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■「マイナビ看護師」は、看護師さんだけでなく助産師さんの求人も豊富に取り揃えている
 転職サポートサイトです。マイナビエージェントが運営しているという安心感が評価できます。
■正職員や常勤といった将来を見据えて安定感のある仕事をしたいという助産師さんにお勧め!
毎日コミュニケーションズが運営するサイトなので、転職サービス大手のネットワークを
 活かして、旬の情報を随時提供しています。最新の高待遇案件が多数ある点は人気の理由です!
■インターネットの登録ページにアクセスして約1分で完了の簡単登録。お気軽にアクセス可能。
面接や条件交渉、内定の手続き、入職後のフォローも責任を持ってサポートするので安心です!
 (助産師さんの立場に立ってコンサルタントが親身に考えてくれる信頼のおける転職エージェント。)
転職エージェントランキング上位に輝く高い評価のサイト。ナースフルとの併用がお勧めです!


>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナース人材バンクはナースフルやマイナビと併せて知名度が高い人気の看護師転職エージェント!
■転職紹介をする医療機関は全国のほとんどの医療機関の中から選りすぐりで紹介してもらえる!
■業界最大級の求人数と、日本全国の医療機関の大半を網羅している看護師求人ネットワークで、
 公開求人の他に、非公開求人を多数保有しています。逆指名制度もありどんな病院にも対応!
■求人選びは専任コンサルタントと一緒におこない、希望の職場のある方は逆指名制度を使って
 交渉にあたってもらえます。実質的に国内のどんな病院へもアプローチすることが可能です。
「転職の悩みをコンサルタントが解決してくれた」「年収が20%アップする転職ができた」
 「助産師の求人は他のサイトより多くて満足の転職ができた」
などユーザーからの評価は高い!


>>>公式申し込みページへ進む

看護roo 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■上場企業の株式会社クイックが看護師資格を有する看護師・助産師・保健師さんのための
 求人情報提供と転職・就職サポートをおこなっている看護師転職エージェントが「看護roo」です。
ナースが自分らしく働ける環境を一番に考えて運営されている「看護roo」で転職サポートを
 受けるというのは、様々なメリットが多い。上場企業運営というブランドの安心感も評価◎!
お役立ちコンテンツも豊富というのもサイトの特徴の1つです。転職した人の体験談や成功例、
 転職をするときに誰もが感じる疑問に丁寧にお応えする転職Q&Aコーナーも用意しています。
■看護rooに登録しておくと、定期的に新着求人の情報をメールに受け取る事が出来ます。
■コアな情報を検索したい場合は1分で完了する登録をして詳しく情報収集してください。


>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■より質の高い職場で働きたい助産師さんにおすすめの転職支援サイト「MCナースネット」
 (サイト・サービス運営は医療業界のアウトソーシングや人材コンサルティングで実績のある
 株式会社メディカル・コンシェルジュがおこなっていますのでサービス内容も優れています。)
■他の転職エージェントと同じく登録料やカウンセリング料、サポート料は一切かからず無料です。
全国13カ所に営業拠点をおき、地域に根ざしたきめの細かいサポートを行っている点が特徴。
 (営業拠点が遠くてメールや電話でしか、連絡が取れずキャリアコンサルタントさんの顔を
 見る事もなかったという事が少ない安心感の高い助産師転職支援サービスです。)
■1分で完了する会員登録で会員限定コーナーで役立つ転職のコンテンツを多数閲覧できます。
■他サイトと同じく面接の準備、日程の調整、条件交渉など全て専任コンサルタントがサポート


>>>公式申し込みページへ進む

助産師の仕事内容とは?

新しい命の誕生をプロフェッショナルな技術で介助する助産師という職業は、私達の社会にとって非常に重要な仕事です。一昔前までは、お産婆さんとして知られていましたね。現代では法律によって定められた国家資格を必用とする職業であり、社会的に一つの地位を確立しているといえるでしょう。

助産師は、保健師助産師看護師法という法で定められており、厚生労働大臣の免許を受け助産または妊婦・じょく婦や新生児の保健指導をおこなう人の事を指します。日本では助産師は、女性と定められています。助産師になる為には、助産師国家試験に合格して厚生労働大臣より免許を受けなければなりません。ではどうのようにすれば助産師国家試験を受験する事が出来るのでしょう。

助産師国家試験の受験資格に関しても、保健師助産師看護師法で定められています。概略としては、文部科学大臣の指定する学校において1年以上助産に関する学科を修めた者。厚生労働大臣の指定した助産師養成所を卒業した者。外国の看護師学校を卒業または外国において看護師免許を得た者で、厚生労働大臣が指定学校修了・指定養成所卒業と同等の知識・技術を有すると認めたもの等と定めています。

現代では助産師は国家資格として職業が保証されているわけですが、その昔は町の産婆ということで江戸時代の一般的な職業とされていました。法律できちんと職業が定められたのは明治時代に入ってからです。明治元年(1868年)に、太政官布達が発令されてからのことだそうです。その後、明治7年(1874年)に医制というものが東京・大阪・京都の三府に発令された事で、産婆は免状のいる職業となり、また産科医との業務区別が明確になりました。それから25年後の明治32年(1899年)には産婆規制・産婆試験規制・産婆名簿登録規制が公布され、全国の産婆の資格水準が統一されました。

それからさらに半世紀近い年月が流れて、戦後の昭和23年(1948年)に保健師助産婦看護師法が制定されました。ここで産婆から助産婦と改称されます。現在の助産師となったのは、平成14年(2002年)の保健師助産師看護師法に変更された際ですから、21世紀に入ってからのつい最近のことです。現代では、病院や助産所をはじめ保健所、診療所、その他のサービスの場で助産師さんが活躍しています。今も尚、よりよい助産制度になるべく、活動の場や技術の進化をし続けている職業です。

助産師転職エージェント利用のメリットは?

助産師の方もしくはこれから助産師として仕事をスタートさせようという方は、当然ですが求人情報から自分の職場を探すことになるわけです。新卒助産師方の場合は、在籍する大学・大学院・助産師養成専門学校などの就職課に募集要項が寄せられていますね。学校の就職課には求人票等の就職情報の他に、就職課の先生方が在籍していますから、学生のみなさんの立場に立ったアドバイスや相談にのってもらうことができますね。また学校に寄せられる求人票はどれも新卒の助産師未経験の方を積極的に受け入れる求人ばかりです。

新卒助産師でない方の求人はどのように見つけるのでしょうか。新聞や求人情報誌での公開募集求人やハローワーク等の機関での問い合わせ等もあるかとおもいます。しかしどれも公開求人で、しかも助産師となると非常に求人の出る確率も低く、好条件の求人であった場合には申し込みが殺到して結局求人をみつけたとしても、採用までこぎ着けるには至難の業となってしまいます。

現在の有効的な求人情報の取得手段としてはやはりインターネットの就職サイトではないでしょうか。こうしたインターネット就職サイトには、一般職から現在では医療系しかも助産師の仕事に特化したサイトがあります。看護師資格をもった方の転職エージェントは、看護師・保健師そして助産師に特化した求人情報サービスを行なっています。単なる求人情報提供ではなく、登録をすると登録者の助産師さんひとりひとりの立場にたったマンツーマンサポートを提供しているサイトが多く見られます。

まずはナースフル助産師転職サービスのサイトをチェックしてみましょう。日本全国の幅広いネットワークから寄せられている最新求人を閲覧できるだけでなく、登録者には非公開の貴重な求人を紹介してもらえるというサービスもあります。こうした助産師専門の転職エージェントの目的は、助産師さんおひとりおひとりに納得した転職を遂げてもらいたいと、転職できるまでサポートすることにあります。転職に関する様々な相談に親身にのってくれたり、助産師さん自身では気付かなかった可能性や仕事の適正を引き出してもらったりできるでしょう。

助産師の就職事情全般を把握するために、転職エージェントを活用するというのも有効的です。気になる求人が見つかると、職場見学や将来の同僚になるかもしれない職場スタッフとお話しできる機会をつくってもらえる場合もあるようです。

助産師のやりがいは?

助産師という職業は、妊産婦や新生児のケアだけでなく、現代女性の健康的で人間らしい生き方は何処にあるのか、ウイメンズヘルスの視点からマネージメントする役割を担っています。妊産婦ケアや分娩介助という仕事があるのはもちろんですが、現状をふまえ、多くの妊産婦を初めとした女性の健康に関わる中で、女性達の体の悩み、家族計画、近所付き合い、仕事と家庭の両立など、様々な悩みや相談を受けるのが助産師の仕事です。新たな命の誕生をサポートし、妊産婦やその家族の喜ぶ姿を見たり、感謝の言葉をもらったりした時には、感慨もひとしお、えも言われぬやりがいを感じる瞬間でもあります。

妊娠時期の定期検診や母親学級、妊産婦の悩み相談や、健康指導をおこなううち、だんだんと妊産婦が母親としての自覚が間映え、出産後には立派な母親になって愛情を持った子育てをしている姿を見る時、助産師になってよかったと感じるものだそうです。助産師は本人が望み環境があるのであれば一生続けられる職業です。若い頃に分塀介助をした新生児が大人の女性に成長して、今度は彼女自身の分娩介助をおこなう、親子2代の出産に関わるということもあるそうです。そんな場合にも助産師ならではの特別なやりがいを感じるといいます。

妊娠から出産までは助産師一人でおこなうのではありません。チーム医療や社会制度との連携の基に、新生児の誕生は成り立っています。そのチームの中のひとりが助産師になります。助産院であれば、何か問題が起こった時や帝王切開などの外科手術が必用になる場合には外部連携の医療機関や医師に協力を要請します。妊産婦と新生児、その家族が受けられる社会保障制度を把握し、充実した社会生活が送れるように、妊産婦に指導すると同時に自治体との連携もとります。地域社会を舞台に様々な人と関わりながら、女性の健康的な生活を実現してゆくのですから、やりがいのある仕事です。

時には、青少年の性教育指導のために、学校に講師として招かれる場合もあります。人類の誕生は普遍的です。現在出産を控える女性を支えることも助産師の立派な仕事ですが、将来の生命を支える指導をすることも重要な仕事になります。健康に妊産婦と新生児が暮らせている、指導した青少年が成長して新しい家族を築くなど、具体的に自分の関わった仕事の成果を人々の生き様として確認する事ができるというのが、助産師のやりがいと言えるでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律