助産師転職エージェントランキング

助産師の合格率

助産師になるには助産師国家試験に合格しなければなりません。その助産師国家試験の合格率はどのくらいのものなのでしょうか。毎年1回行われる助産師国家試験の合格率は90%前後を推移しています。国家試験師の合格率ということでみると、受験者の9割が合格するのですから、試験自体のハードルは低いといえるでしょう。合格率だけをみると誰もがなれる職業とおもいがちですが、実際のところは助産師になるのはそう簡単ではないというのが現実です。

なぜ高い合格率を誇る助産師国家試験なのにも関わらず、助産師になるのは難関といわれているのでしょうか。それは、助産師養成の教育課程にあります。助産師にあるためには、その前に看護師免許を取得しなければなりません。看護師として必要な専門知識と技術は助産師になるためのベースとなります。確かに、医師程の専門技術が必要ないまでも、看護師としての医療行為、看護技術は助産師には不可欠なのです。

看護師になるためには、看護系専門学校や看護系4年生大学を卒業して看護師国家試験に合格しなければなりません。近年は、看護師教育を4年生大学で履修する傾向にあります。看護師教育を4年生大学で修めた後に看護師国家試験に合格後は、大学院の専門課程で助産師養成教育を受けることになります。もちろん助産師養成の専門学校もありますから、看護師資格取得後は助産師養成学校を受験する事になります。

助産師が難関といわれる所以はこの助産師養成学校にあります。助産師養成学校は非常に競争率が高く難関で、狭き門といわれています。助産師として一定のレベルを保ち、助産師国家試験に合格し得る人材を育成するために、助産師養成学校の受け入れ人数はどこの助産師養成学校も総人数制をとっています。助産師が不足しているからといって、一気に大人数に拡大するという乱暴な措置はとれないのが現状です。また助産師養成教育には実務研修が必須となっています。

確かに、晴れて助産師になったあとに初めて実践というわけには行かないでしょう、出産に失敗は許されません。最悪の場合は母体や胎児が命の危険にさらされてしまうからです。この実務研修を行なえる医療機関が不足しているという実態も助産師教育が拡充できない理由の一つとなっています。助産師を目指す方は教育ルートの事前検討が非常に重要になってきます。助産師転職サービスでは資格取得に関してのアドバイスを行っている会社もあります。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律