助産師転職エージェントランキング

保健師と助産師の違い

保健師は疾病予防や健康管理において、地域の人々が健康的な生活を送れるように指導をするのが主な仕事になります。一方助産師は、母子保健の分野において保健指導とケアを行うのが主な仕事です。現在では助産師は女性の健康すなわちウイメンズヘルス全般のケアを行い、女性の健康と心のケアを、現代生活に即した形で専門的に行っています。また保健師と助産師で大きく違う事は、性別です。保健師は男女問わずなれる職業なのに対し、助産師は女性限定の職業になります。

保健師も助産師も立派な国家資格であり、その社会的地位が認められた職業です。いづれの資格を取得する為にも看護師免許が必用になります。ですから看護師養成教育プラス、保健師養成養育もしくは助産師養成教育を履修しなければなりません。保健師と助産師養成教育期間は、最低1年間を法律で定められていますから、ストレートに進学できたとして、看護師教育プラス1年間を要する事になります。現在は、看護系大学を卒業後に大学院に進み専攻として保健師教育や助産師教育を履修するというプロセスが主流になってきています。

保健師の仕事は戦後間もなく、地域の家庭での結核予防推進活動が始まりでした。それから母子への保健活動に活動の場を広げてゆきました。現在でも、母子の家庭おける様々な問題に地域単位で向き合い、妊産婦や乳幼児の生活に寄り添っています。無縁社会、核家族化が加速したと言われる現代では、母親は育児に関して相談できる家族が少なく孤独を感じ育児ノイローゼになるケースが増えています。また家庭の事情からシングルマザーも存在します。ですから地域の保健師が各母子のいる家庭を訪問する活動は非常に重要になっています。保健師の活動はさら変化しています。高齢化社会の現代では、高齢者の保健指導活動に重点がおかれるようになってきました。高齢者の在宅ケアも保健師の仕事です、その他、現代病といわれるエイズ予防推進や、成人病予防なども保健師の仕事です。

一方助産師の仕事は、母子保健に始まりウイメンズヘルスの領域にまで広がりをみせています。思春期の青少年への教育活動から、思春期の女性から高齢の女性まで、女性のライフスタイル全般に助産師の立場から寄り添い必用なサポートをしていゆきます。出産数が減少する世の中にありながら、増々活動の場を広げているのが助産師です。収入面でいうと保健師・助産師共に同じような水準にあるようです。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律