助産師転職エージェントランキング

看護師と助産師の違いについて

病院で医師と連携を取りながら必用なケアをする立場の職業というふうにみると、看護師と助産師は類似しているように見えます。資格取得の面でも看護師の資格がない方は助産師にはなれません。看護師と助産師の違いとはどのようなものなのでしょうか。まず資格面でいうと、看護師は看護専門学校や看護系大学で定められた教育を受けて、看護師国家試験をパスする必用があります。助産師は看護師の資格を取得後、さらに助産師に必用な教育を受けて助産師国家試験に合格しなければなりません。

看護師と助産師の違いとしてまず一ついえるのは、教育期間が違うという事です。看護師教育には専門学校での3年や看護大学での4年が必用になります。助産師は最低でも1年間の教育が義務付けられていますから、1年の助産師養成学校もしくは大学院での助産学専攻の2年間がプラスされます。高校からの看護高等専門学校での教育は除きますが、高校卒業後、看護師が3?4年で教育が修了するのに対し、助産師は4?6年の教育期間を要します。近年では看護師免許を看護大学卒業時に取得し、そのまま大学院に進学し修了して助産師免許を取得する流れが主流になる傾向があります。

仕事内容ではどうでしょうか、看護師は医師や関係医療スタッフと連携して必用な看護ケアを行うのが仕事です。助産師は、分娩介助を含む母子保健のケアや指導を行ったり、女性の健康全般をサポートするのが仕事になります。助産師の方がさらに女性に特化している点、分娩介助の専門技術を必用とする点があります。また決定的に違うのは、性別です。看護師は男女共に認められた資格なのに対し、助産師は女性限定の資格になります。

看護師や助産師の資格を活かして出来る職業にも違いがあります。看護師であれば、必用な教育を受けて養護教諭に、もちろん助産師資格をとって助産師になれます。治験業界に進み、一般企業で働く事も可能です。まあ看護師資格を持つ方の多くが病院やクリニックなどの医療機関での就業となっているのが現状です。一方助産師はというと、病院の産婦人科、助産院、産婦人科系のクリニックなどが主な就業場所になります。少数派ではありますが、地方自治体の保健センターなどに勤務して地域母子健康推進活動に携る助産師さんも存在します。助産院を経営、フリーランス助産師という働き方もあります。また給与面では、助産師の方が看護師よりも若干高い水準傾向にあるようです。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律