助産師転職エージェントランキング

助産師学校について

助産師になる為には当然、助産師養成教育をうけなければなりません。その教育内容と教育機関は文部科学省と厚生労働省によって定められた指定校で指定のカリキュラムを履修しなければなりません。また保健師助産師看護師法という国の定めた法律があり、その中で助産師学校に関して定められています。保健師助産師看護師法、第20条において、「助産師国家試験は、次の各号のいずれかに該当するものでなければ、これをうけることができない。」としています。国家試験に関する法律ですが、試験を受けるには助産師学校で教育を受け卒業することが大前提と定められています。

保健師助産師看護師法、第20条、第1号では、文部化学大臣が指定した学校において1年以上助産に関する学科を修めた者としています。また第2号では、厚生労働大臣の指定した助産師養成所を卒業した者とあります。第3号には、外国において助産師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が認めたものとしています。要するに助産師に値する知識と技術を修得してもらうことが助産師学校の役割という事ですね。確かにそうでなければ日本の助産師の能力水準を一定のレベルに保つ事が出来ません。分娩介助といったような人命に関わる助産師の仕事ですから、助産師の仕事の質を高度なレベルに保ち不慮の事故などのリスクを未然に防がなければなりません。

助産師学校に入学するには、まず看護師の資格が必用になります。最初から助産師を目指す方であれば、看護系大学から大学院の助産師専攻へ進む道があります。一旦看護師として社会で働いてから助産師を目指す場合は、このような大学院の助産師コースや、大学の助産学専攻、助産師専門が功に入学する必用があります。近年では4年制大学の看護学科を卒業後、大学院で助産学を専攻するという流れが主流になりつつあります。

また専門学校に入学するにせよ、大学院に入学するにせよ、助産師養成教育のコースは非常に難関と言われています。ある一定レベルの学力が必用な事と、募集人員が少ないため競争率が高くなるのです。ですから、助産師になる為には、助産師学校に入学する対策を充分に立てなければなりません。

入学後は専門学校で1年、大学院で2年の指定教育と実習を履修します。法律で定められている通り最低でも1年間学校に通う事になります。学校は前任制ですから、日中の看護師の仕事をしながら学校に通うという事は不可能になります。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律