助産師転職エージェントランキング

助産師の問題点

年々日本では少子化が加速し助産師など産科医療に従事する人々の需要は減少傾向にあるのではないかと考えがちです。しかし少子化対策も含めて今後の産科医療対策と進化を考えると、実際のところは、助産師は需要に対して不足しているということが、厚生労働省の調査で明らかになっているそうです。

助産師という職業にしぼって見てゆくと、助産師の仕事は分娩介助等の助産だけでなく、女性の健康維持や健康的な社会生活をおくるための様々な指導やサポートになります。ですから少子化問題だけでなく、思っている以上に広範囲に女性をサポートする仕事なのです。よって助産師は、女性の社会進出、医療の進化、より良い社会生活すなわちライススタイルへのサポートや提言アドバイスを行わなくてはなりません。そう考えると今いる助産師の数では足りないということになります。

助産師不足を解消するために様々な対策がとられています。助産師教育機関の充実や、採用を受け入れる側の医療機関の体制作り、助産師復職対策などが主な対策になります。まだまだ助産師を養成する教育機関は少なく、助産師教育は看護師教育後のさらに難易度の高い教育内容である事から、狭き門となっています。助産師の質を保ちながら数を増やすという事も重要ですから、一気に増やすのも難しい状況にあります。

助産師数をより早く増やす方法に、助産師の復職支援が有効であるとして、現在復職支援対策を活発におこなおうという動きが高まっています。これまで助産師であったかたの半数以上が出産や育児等の家庭の事情で離職をしているそうです。助産師は一度離職をしたとしても一生資格の効力を失わない職業です。家庭の事情が許せばいつでも復職する事が可能な職業です。そこに着目して、リクルートナースバ ンクなどの助産師転職サービスでは様々な復職支援対策を功じています。

特に分娩介助に携わる助産師の方は、家庭との両立を断念して離職してしまう方がいるでしょう。産科医師や看護師、自治体の関係者、妊産婦のご家族と複雑な人間関係や連携作業は、心身ともにパードなものです。こうした複雑で高度な職務はやりがいにもなりますが、継続が困難となり仕事への意欲がそがれてしまう場合があります。助産師の職務内容や勤務形態には現在様々です。昼夜を問わない分娩介助もあれば、平日日勤の仕事もあります。転職エージェントに相談するなどして、その時々で自分にあった働き方を検討しましょう。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律