助産師転職エージェントランキング

助産師になるには

助産師は国家資格を必用とする職業ですから、定められた教育を受け、修得し、助産師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければなりません。ちなみの助産師国家資格は、一度取得すると更新の必要がなく、法律に定められた規定に違反しない限りは一生効力のある生涯免許です。昔から産婆さんと呼ばれて高齢の女性が助産をつとめるケースが見受けられてきましたが、助産師となった現代でも80代の助産師さんが現役で活躍されています。すこし話はそれましたが、本題の助産師になる為の条件に付いて、詳しくお話ししてゆきます。

まず助産師になるには、指定の教育機関で教育を受けて卒業しなければなりません。教育ルートには主に2つの方法があります。一つは、看護系大学の助産師専攻や大学院の助産課程を修了し、助産師国家試験に合格する方法。もうひとつは、3年制の看護専門学校や短大を卒業して、看護師免許を取得、助産師養成学校で指定教育を受けて卒業し、助産師国家試験に合格する方法です。現在は、看護系短大の4年生への移行など看護教育が4年制大学中心となる傾向があります。助産師教育に関しては、大学院の助産師課程で受けるという流れも主流になりつつあります。助産師資格の大前提として、看護師免許を有する者でなければ助産師になれないという事がありますから、4年制大学で看護師免許を取得、大学院で助産師免許を取得という流れがあるようです。

大学院や専門学校など助産師を教育する機関に入学するのは、高いハードルです。非常に競争率が高く、難易度も高いものになります。一方で、助産師国家試験の合格率は90%程という非常に高い合格率になっています。助産師養成学校に入学するのが難しく、入学してしまえば国家資格の方はさほど難しくないといえます。ですから助産師を目指す場合、どのような教育ルートを選択するべきなのかよく検討する事が必用になります。

そして晴れて助産師資格を取得すれば、いよいよ就職です。助産師は売り手市場といわれていますから就職も難しくないといえます。実戦経験を積みながら一人前の助産師になる社会修行のスタートです。将来を見据えて、ナースフルなどの助産師転職サービスに相談するなどして、キャリアプランを立ててから就職活動する事をおすすめします。助産師の活躍の場は様々です。どのような職場でキャリアを積む事が自分には合っているのか検討しましょう。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律