助産師転職エージェントランキング

助産師の募集事情@大阪

東京に次ぐ国内2番目の大都市が大阪です。関西エリアの中心都市である大阪には人口が集中しています。よって病院とりわけ助産師さんと関わりのある産婦人科系医療機関の数も多くあります。少子化の一途をたどる日本ですが、大都市大阪にあっては人口ベースが多いですから新生児の数も他の都市に比べて非常に多いものとなっています。大阪でも他のエリアと同様に助産師不足傾向にあります。ですから大阪で求人を探す助産師さんは売り手市場ということになります。

平成18年の厚生労働省の調査によると、人口10万人に対する助産師の数は日本全体で20.2名でした。大阪府だけをみると、22.7人ですから全国平均よりは若干助産師の充実度が高い地域になります。ちなみに東京都は21.2人でした。しかし大阪は大都市ですから助産師数全体でみると非常に多くの助産師の方が就業していますし、不足している人数も膨大なものになります。大阪の助産師求人は非常に多く随時求人が豊富に選べる状況が続いています。

大阪では、小さな助産院から大規模病院の求人まで職場の環境も様々な求人から選べるでしょう。しかし少子化の影響からか、小さな産婦人科などは縮小、減少傾向にあり、大学病院、公立病院などの大規模病院での助産師求人が目立ちます。また出産する側の妊産婦産やそのご家族の出産や育児に対する考え方が多様化しているため、自分にあったこだわりの助産院を選んだり、自宅出産を選んだりする流れも増えています。

大阪では中小規模の病院や産婦人科医院はありますが、全体的に減少傾向にあるようです。もし中小規模の産婦人科勤務を希望していて、就職情報誌や新聞募集などで好条件の求人を見つけたとします。その手の好条件求人には応募が殺到しますから、結果採用の確立は非常に低くなってしまうのです。大阪での就職・転職活動で心しておかなければならないポイントは、求人数や働き方も豊富ですが、求職活動をしている助産師の絶対数も多いという事をつねに頭に置いておく事です。

地方に比べて変化とスピード感のある大阪のような大都市では、一般公開求人ではなく人材紹介会社に個別に病院側が依頼する非公開求人が多く発生しています。雇用側にとって公開募集宣伝費をかけずに素早く的確な人材を確保する手段として、非公開求人は有効的です。求職する助産師さん側にとっても、マッチすれば非常に有効的な手段といえるでしょう。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律