助産師転職エージェントランキング

助産師の募集事情@札幌

札幌で助産師として働く際の求人募集傾向についてお話ししたいと思います。札幌では全国と同じく少子化傾向の波が、産科医療の分野に影響を及ぼしているといえます。また少子化を含めての日本人のライフスタイルの変化が、助産師求人に少なからず影響を与えているのではないでしょうか。とりわけ本州から移住した干拓民の土地である北海道は、新しい命を育むことに非常に困難を要した歴史があることもあり、子供の誕生や育児に対して安全や安心を強く望む気質があるようです。

産まれた命が失われないように、そして元気にたくましく育ってくれるように、一人一人の命に対して力を注いでケアする姿勢があるようですね。札幌は全国と同様に少子化傾向にあります。ですからこれまであった産婦人科が減少したり、規模を縮小したりという動きがあります。そうなると助産師の求人も少なくなってしまったのかというと、逆の動きとなっています。札幌での助産師求人は増加しており、求人事情は悪くないというのです。これは一体どうゆう事かというと、生まれてくる子供の数が少なくなっても、子供一人の命の重みには変わりがありません。むしろ少子化で子供が貴重になったからこそ、子供一人にかけるケアが多様化しているのです。

まず出産前からどうやって子供を育んでゆくのか、妊娠中の体調管理や胎教など、一人一人の妊産婦のこだわりが生まれています。出産は妊産婦だけのものではなく、彼女達を取り囲む家族の一大イベントでもあります。ですから妊産婦の健康管理や出産準備を含めて、様々なケアとサポートを助産師に求めるようになったのです。こうした動きから、まず出産方法が病院出産だけでなく、助産院での出産や助産師の介助による自宅出産などと多様化しています。単に分娩介助だけが助産師の仕事ではなく、妊娠中の様々なケアを必要としていますから、少子化となってもさらに助産師の手が必要とされています。

母親学級、出産育児を含む女性の健康保持指導など助産師はさらに活躍の場を広げています。出産育児を間近に控える女性でなくとも、ウイメンズヘルスという視点で助産師を必要としています。こうしたケアの充実を図る為札幌の大学病院や国公立病院では産科医療の充実をはかっています。助産師の人員確保のため正職員だけでなく、アルバイト・パート求人も最近では出てきました。しかし現状では札幌の助産師求人は正職員が中心となっているようです。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律