助産師転職エージェントランキング

助産師<夜勤>

助産師というと分娩介助をするイメージが最も印象的ではないでしょうか。出産は24時間態勢、何時起こるのかわかりません。ですから助産師は夜勤など昼夜を問わない職業になります。しかし助産師不足が慢性化している現代では、助産師の働き方も多様化し、病院や助産院に深夜勤を伴う就業をしている助産師さんもいれば、クリニックで外来専門の助産師として日勤で働く助産師さんもいるのが現状です。夜勤専従助産師という働き方も求人によってはあるようです。

夜勤勤務は日勤に比べて夜勤手当が支給されたり、アルバイトであれば高時給になるケースが多く見られます。夜勤専従はすごく大変と言う方もいれば、夜勤のみなので生活リズムを一定に保つ事が出来て以外に合っているという方もいるようです。夜勤勤務の経験を積みたい、割の良い収入の仕事がしたい、夜に働く時間が取れるとう方は、夜勤を視野にいれた求人選びをすると良いかもしれませんね。

助産所や病院で分娩介助を伴う正職員助産師として働く場合には、夜勤がつきものになるでしょう。入院施設のある、ある程度の規模の病院であれば、深夜勤を伴う交代制のシフト勤務になる場合があります。小規模の助産院では、担当する妊婦の出産が深夜になるというのは日常茶飯事です。夜勤を伴う助産師の仕事を探す時、どのような夜勤が自分にあっているのか検討すると良いと思います。ナースフルのような助産師転職をサービスでは、これまでの多くの転職事例から夜勤に関してもさまざまな知識をもっています。こうしたプロのアドバイスを受けてから検討するとより自分にあった夜勤を選べるかと思います。またアドバイスを受ける事によって夜勤を選ぶべきなのか否かも検討できるでしょう。

転職したけれど夜勤が合わなくて体を壊したというのでは、また転職活動に逆戻りです。自分の適正を検討して見極めておくことが大切ではないでしょうか。若い今は夜勤助産師を重点的におこなって、稼ぐ・経験を積む、そして数年後には夜勤の少ない正職員へと、中長期的なキャリアプランを立てる事も重要です。何の為に夜勤をするのか、自分には夜勤が合っているのか必用なのかを考えてみましょう。まあ自分だけで考えると客観性を失いますし、ストレスが溜まりますから、転職のプロと相談しながら進めるというのが有効的ではないでしょうか。助産師である以上、これを機会に夜勤について一度考えてみるとよいでしょう。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律