助産師転職エージェントランキング

助産師を辞めたい時

志し高く、やりがいを持って始めた助産師の仕事であっても、何らかの事情で辞めなければならなくなる場合があります。また助産師の仕事を辞めたいと自分の気持ちが動いてしまう事もあるでしょう。助産師の方の離職理由の6割以上が家庭の事情とりわけ出産や育児といいます。女性にとって出産と育児は一大イベントであり、人間社会にとってもこれらは重要なイベントです。

出産や育児で助産師を辞めなければならない時、育児が落ち着きその後をどうするのかも視野に入れておくと良いと思います。一生育児をする訳ではないですし、育児の時期も育児が終了した後も、あなたの人生だからです。せっかく助産師の資格を苦労して取得し、ある程度のキャリアを積んだのであれば、非常にもったいないことです。復職ということも検討してみましょう。

助産師を辞めようと思ったときには、直属の上司に相談してみると良いと思います。そうした方がいない、または相談できない状況にあるという方は、助産師専門の転職サービスに登録して、そこにいるキャリアコンサルタントに相談してみるのも一つの方法です。家族や親友に仕事の相談をするというのは、心が落ち着いて安心なことですが、助産師転職のプロフェッショナルではないので、的確なアドバイスや具体的な対処は望めないでしょう。

また辞めたいと思ったときには人に相談する他に、なぜ辞めたいのか理由をよく考えてみましょう。結婚による転勤の場合は、助産師を続けたいと思っているのであれば、転居先での転職が考えられます。出産を控えているのであれば、出産後や育児が一段落する数年後の復職を考えての離職を検討する事が出来ると思います。職場の雰囲気が合わない、就業スタイルが合わず体調を崩したというのであれば、より自分にあった職場への転職活動が良いのかもしれません。転職をしなくとも職場の上司や同僚とのコミュニケーションを良好にする事で解決できてしまうモンヂアなのかもしれません。

辞めたい理由を考えるということは大切ですが、一人で抱え込まないようにしましょう。忙しいあげくに悩むと心身のバランスを崩してしまいます。他の人に相談をしながら、仕事を続けながら、そして健康的な休息を取りながら、辞職について考えてゆきましょう。助産師を辞めたとしても、何らかの仕事をしなければ生きてはゆけません。せっかく働くのであれば納得のゆく、充実した仕事時間を過ごせるよう考えてみるべきだと思います。

助産師手転職エージェントランキング!人気No.1サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 関東・東海・
関西
★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 関東・東海・関西
  • オススメ度
  • ★★★★★


>>>公式申し込みページへ進む

>>転職エージェントランキング2位以下を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 助産師転職エージェントランキング All Rights Reserved.
[基本情報] なるには 給料 年収 時給 業務内容 魅力 役割 問題点 需要 不足 合格率 資格 [転職・就職活動] 就職活動 面接 志望動機 辞めたい時
[働き方] アルバイト 派遣 夜勤 [地域] 札幌 千葉 東京 大阪 福岡 [コラム] 助産師学校 助産師国家試験 助産師会 中絶 看護師との違い 保健師との違い 法律